中古車の売却額を少しでも高くするものには、愛車を売却時期、タイミングというものも大事なポイントです。自ら店まで自分の車を運転して買取査定をお願いしなくてもサイトで車買い取り専門業者に自動車の査定見積りをしたら、短時間で売却額査定額の算出をすることができますが、所有する愛車を多少でも高く乗り換えることを思いめぐらせれば、数点のタイミングがあるんです。どういったものがあるか考えると第一に走行距離があります。走行距離というのはクルマに対する売却料金の査定をするにあたり大事な判断基準となることのひとつだと言われています。何kmくらいの走行距離で売るのがよいかというと自動車の査定に影響が出るのは50000kmと言われていますから、そこを超える前に査定を依頼して売却するのがよいです。メーターが30000kmと90000kmでは査定対象車の売却相場は変わってきます。また、車検があります。もちろん車検というのはお金が掛かっている分車検が必要になるまでの残月数が残っているほど見積額は大きくなると勘違いするかも知れませんがそういったことはなく車検時期がいつであろうと自動車の見積額にはそれほど関係がありません。こういった内容は実際、実行するとすごくわかってきます。車検のタイミングは売却を考える時期としてはいいタイミングということです。一方、売却額を上げるために車検直後に見積もりに出そうとするのはお金と手間がかかるだけで、あまり査定に響かないということになります。それから専門業者に中古車を引き取ってもらうタイミングとしては2月と8月はチャンスです。なぜかと言いますと自動車買取業者の決算の時期が3月と9月のところが多くあるからです。そのため例えば、1月に売るよりはもう少し待って2月に中古車の査定を専門業者に頼んで引き取ってもらうのも手です。自らの事情もありますから、一概にこのような時期を狙って手放すというわけにもいかないかもしれませんができるならこうした時期に手放すのがよいかもしれません。